Laroque d’Antan

 
  Cahors 2.5ha biodynamique
ラロック・ダンタンは、地質学の世界的権威リディア&クロード・ブルギニョン夫妻が2002年に南西地方のカオールに土地を購入して、創設したドメーヌです。90年代から、DRC、ルロワ、ルフレーブ、ジャック・セロスなど世界の超一流ドメーヌの畑の土壌分析をしてきたブルギニョン夫妻は、いつか引退した後に自分自身でワイン造りをしたいという夢を抱いていました。二人は、農薬が一切使われたことのない、汚れていないピュアな畑を求めて、2002年に荒れ地の森を購入し、その荒れ地を6年掛けて開墾・整地しました。そして、2017ヴィンテージの収穫ブドウからクロード・ブルギニョン夫妻の初めてのワインとなる、ネフェール(白ワイン)が誕生したのです。

   
 

Nigrine

ニグリンヌ
IGP Cote du Lot
品種:マルベック40% 、カベルネ・フラン30%、プリュヌラール10%、コット・ア・ピエ・ルージュ5%、ネグレット5%
 
生物多様性とテロワールを尊重したビオロジックを創業時より実践。2022年に認証を取得予定。また、2021までにビオディナミへと移行する計画。
醸造:3~4日違いで手摘みで収穫した異なる品種のブドウを全てアッサンブラージュしてセメントタンクで野生酵母のみで一緒に発酵。発酵終了後、樽に移し、マロ発酵とシュール・リーの状態で熟成。熟成期間は10ヶ月。無濾過で瓶詰め。
2018ヴィンテージの総生産量は1,586本
 
 

  

   
 

Néphèle

ネフェール
IGP Cote du Lot
品種:ソーヴィニョン・ブラン50% 、ソーヴィニョン・グリ30%、モーザック・ブラン&ロゼ10%、ヴェルダネル10%
 
3~4日違いで手摘みで収穫した異なる品種のブドウを全てアッサンブラージュして垂直式圧搾機でソフトにプレス。自然に清澄にさせた後、30%はステンレスタンクで、70%は使用済みバリックで、野生酵母のみで一緒に発酵。引き続き、シュール・リーの状態で10ヶ月間熟成。マロ発酵は行わず、無濾過で瓶詰め。
2018ヴィンテージの総生産量は1,164本