indomiti

   Veneto  Arcugnano  2.7ha   bio  nature
Indomitiインドミティは今年28歳になるシモーネ・アンブロジーニが立ち上げたナチュラルワインのプロジェクト。シモーネは、高校卒業後、丸1年かけて世界を旅行。その後、トレンティーノやアゼルバイジャン、モンタルチーノ、ブルゴーニュ、ヴェネトなどの数々のワイナリーで研鑽。そして、2018年に地元ヴェネトで畑とセラーをレンタルしてナチュラルワイン造りを始めたミレニアル世代の造り手です。シモーネはテクノロジーや化学を排した可能な限りアーティザナル(職人的)な方法で栽培をしたいと考え、長靴と剪定バサミ、ミニトラックを改造したトラクターだけで、たった一人で、ビオディナミの手法を取り入れたビオロジックでブドウ栽培を始めました。インドミティのワインはアートワークであり、エチケットにはシモーネの人生の旅の美しい物語が表現されています。エレガントで美しく、生き生きとした活力を備えた彼のワインは、初ヴィンテージながらリリースと同時に欧米で大人気となりあっという間に完売してしまいました。
 

opplà

オップラ
Igt Veneto
ピノ・ビアンコ30%、ソーヴィニョン・ブラン30%、ガルガネーガ30%、タイ・ロッソ10%
 
手摘みで収穫したブドウを3日間スキンコンタクトして圧搾。品種毎別々にグラスファイバーの発酵層で温度管理せずに、野生酵母のみで自発的に発酵。酵素や酒石酸、濃縮物、矯正剤、安定剤、その他の醸造添加物は一切付け加えずに醸造。その後、シュール・リーの状態で自発的なマロ発酵と熟成。ブレンド後、無清澄、ノンフィルターで瓶詰めし、収穫時にすぐに冷却して保存しておいたマストの一部を、リキュール・ド・ティラージュとして添加して瓶内二次発酵を行う。ブドウ果汁以外の糖分や酵母、亜硫酸などの添加は一切ありません。また、濾過もデゴルジュマンも行いません。このため、澱に由来する濁りがあり、残糖も殆どないナチュラルなアプローチで造られたフリッツァンテです。2021ヴィンテージはピノ・ビアンコとソーヴィニョンが9/6、ガルガネーガとタイ・ロッソが9/14日に収穫。総生産量2,800本。アルコール度数は12度。2023年5月時点のSO2トータルは2.2mg/l。 

   
 

mistica

ミスティカ
Igt Veneto
ガルガネーガ100%
 
手摘みで収穫したブドウを完全に除梗した後、果皮とともにステンレスタンクで温度管理せずに、野生酵母のみで自発的に発酵。酵素や酒石酸、濃縮物、矯正剤、安定剤、その他の醸造添加物は一切付け加えずに醸造。2週間のマセラシオンの後、圧搾して古樽に移し、シュール・リーの状態で自発的なマロ発酵と熟成。1年熟成させた後、無清澄、ノンフィルター、亜硫酸も無添加で瓶詰め。2021ヴィンテージは10月7日に収穫。総生産量900本。アルコール度数は11度。2023年5月時点のSO2トータルは2.6mg/l。
このワインとエチケットデザインを表す言葉は「私の中のカオス」です。ミスティカは、深く掘り下げたいという欲求、親密さに浸りたいという欲求から生まれしました。磁気的、内省的、プリミティヴなワインです。友人達が人生について語る夜、何か祝う儀式、そして私達が自分とは何であるかを疑問に思う瞬間に栓抜して下さい。

  
 

enigma

エニグマ
Igt Veneto
非公表(生産者の意図で秘密にしておきたいとのことです)
 
手摘みで収穫したブドウを完全に除梗し、50%はセラミックのアンフォラで、50%はバリック(新樽は用いない)で温度管理せずに、野生酵母のみで自発的に発酵させる。酵素や酒石酸、濃縮物、矯正剤、安定剤、その他の醸造添加物は一切付け加えずに醸造。果皮浸漬はソフトなポンピングオーバーとパンチングダウンに留める。その後、シュール・リーの状態で自発的なマロ発酵と熟成。収穫翌年の初夏に無清澄、ノンフィルターで瓶詰め。SO2はボトリンク時も無添加。2020ヴィンテージは9月20日に収穫。総生産量1,000本。アルコール度数は12.5度。2021年11月時点のSO2トータルは2.6mg/l。
このワインとエチケットデザインを表す言葉は「極東への未知の旅」です。エニグマとは謎を意味します。今日の世界では誰もが全てのことを知っています。秘密を残しておくことは、失われてしまった親密さを育むことに似ているからです。 

  
 

lottai

ロタイ
Igt Veneto
タイ・ロッソ(フリウラーノ・ロッソ)100%
 
手摘みで収穫したブドウを完全に除梗し、セラミックのアンフォラで温度管理せずに、野生酵母のみで自発的に発酵させる。酵素や酒石酸、濃縮物、矯正剤、安定剤、その他の醸造添加物は一切付け加えずに醸造。果皮浸漬はソフトなポンピングオーバーとパンチングダウンに留める。その後、シュール・リーの状態で自発的なマロ発酵と熟成。収穫翌年の初夏に無清澄、ノンフィルターで瓶詰め。ボトリング後のワインのネガティブな反応を避けるために、瓶詰め時に限り必要最小限のSO2を添加。
 2021ヴィンテージは9月20日に収穫。総生産量1,700本。アルコール度数は13度。2022年10月時点のSO2トータルは10mg/l。