Les Trois Mains

 
 
Graves   lutte raisonnée
ボルドーのグラーヴにマイクロ・ネゴシアンのワインが誕生しました。アジア出身の女性Claire Namクレア・ナムが手掛けているマイクロ・キュヴェLes Trois Mainsレ・トロワ・マンです。ナムはロンドンに住んでいますが、定期的にボルドーを訪れ、契約している造り手の畑のブドウの生育状況を確かめ、収穫時にはシャトーの生産者達と一緒にブドウを収穫して、自身のワインに最適なブドウをその場で選果して購入しています。ワインはペサック・レオニャンのエレガンスと品格を備えたグラーヴの辛口白ワインです。

   
 

Les Trois Mains

レ・トロワ・マン
AOC Graves
品種:ソーヴィニョン・ブラン80%、セミヨン20%
 
 
ソーヴィニョン・ブランは、軽くトーストした500リットルの大樽で発酵と熟成。セミヨンは、繊細でエレガントなオークのバリック(225リットル)で発酵と熟成を行います。11ヶ月間の熟成の後、アッサンブラージュして瓶詰め。その後、さらにセラーで6ヶ月間寝かせてからリリース。2017ヴィンテージの生産量は1212本。